ホーム  > ブログ一覧  > レスポンシブデザイン

ブログ

レスポンシブデザイン

2019.12.14


moonlight

陽が落ちるのが本当に早くなりましたね。職場を出ると目の前に
月が煌煌と輝いていました。この写真だと照明機器が光ってるみたいに
見えますが月です。

 

最近はウェブサイトを閲覧するのにスマートフォンを利用する人が
増えています。外出中でも利用できるという便利さもあるでしょうが、
PCを購入する前に親から電話機を買ってもらい、ネットはそれで十分と
いう人も多いということでしょう。

 

スマートフォンが普及するまでは携帯電話のサイトはPC用とは別物と
して分けて作られていました。表示能力・ネットの転送能力が違い
すぎましたから当然と言えます。それから数年、今やスマートフォンの能力は
PCと同じかそれ以上に進化しました(ついでに金額も) Wi-Fi接続で
あれば通信に大きな制限もありません。遠慮なくリッチコンテンツ(画像や
動画などを多用した動的表現の内容)を使用するサイトが作られるように
なりました。

 

しかしいくらパワーがあってもスマートフォンが携帯電話である以上、画面の
大きさには制限があります。タップやフリックというインターフェースの違いも
あります。ある程度の画面の幅があることを前提として横幅決め打ちで
作られた少し古めのPC用レイアウトはスマートフォンでアクセスすると見づらい・
選択しづらいという閲覧する人に対して思いやりのないサイトになってしまいます。

 

スマートフォンでもPCでも見やすいサイトにするためには昔のように分けて
作るのも手ですが、最近は画面の大きさに応じてレイアウトを動的に変化
させる作り、レスポンシブなデザインが主流になっています。CSSを駆使する
ためやりすぎると全体像が把握しづらくメンテしにくくなる問題もありますが、
ありがたいことに最近のCMS(コンテンツ管理システム)ではたくさん用意
されたテーマを利用するだけでわりと簡単に対応できます。

 

井上紙工印刷のサイトもまだPC用の横幅決め打ちデザインのため
レスポンシブなデザインにするため今せっせと作り直しています。来年頭に
迫るWindows7サポート切れ対応、その他雑多な作業と同時進行なので
大変ですが早いとこ公開できるよう頑張ります。

ページトップへ