ホーム  > ブログ一覧  > 三輪(みわ)の中の奈良

ブログ

三輪(みわ)の中の奈良

2018.12.10


nara2_t

暖かい日が続いたと思ったら急に真冬になりました。
寒暖の差が20℃近くあると体を対応させるのも大変です。

 

先日近所にある「奈良」の地名の話を書いたので
寒風吹きすさぶ中、写真を撮ってきました。
写真は奈良集落の田んぼの真中に鎮座する八幡宮で、
まるで湖の中に浮かぶ島のように佇んでいます。
暖かい日であれば散歩にもってこいなのですが。

nara2_1

こちらは大巳貴(おおなむち)神社です。上の八幡宮から
少し歩いたところにあります。小さな神社ですが神職さんが
常駐していて、この日も小さな赤ちゃんを連れた家族が
何組かお宮参りにいらしてました。

 

でも赤ちゃんにこの寒空は少々酷な気がします……。

 

nara2_2

こちらの神社は、鳥居の額が「大神(おおみわ)神宮」と
なっているように大神神社とも呼ばれるようです。

nara2_3

なお境内はちょっとした森になっていて、三輪山(目配山)を
遥拝する場所は薄暗く、子供は少し怖がりそうな雰囲気でした。

ページトップへ